トヨタセーフティセンスCについてご紹介します

皆さん、こんにちは 春の日差しが心地良い毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか?
さて本日は、先日マイナーチェンジをした
「オーリス」・「カローラフィルダー」・「カローラアクシオ」に初搭載 された
予防安全パッケージ「トヨタ セーフティセンスC」 をご紹介します 「トヨタ セーフティセンスC」 って何?って思われた方も 多いのでは無いでしょうか? ショールームでも、「トヨタ セーフティセンスC」 についてのご質問を沢山頂きます
そこで本日は「トヨタ セーフティセンスC」 についてご説明します
「トヨタ セーフティセンスC」 とは
トヨタが、これまで進化させてきた予防安全技術のうち、
特に事故低減効果の高い機能 を融合 した、
新しい予防安全パッケージ の事です
それでは、3つの安全装備 を紹介していきましょう
1つ目 は、
"広い速度域で作動する自動ブレーキで衝突回避または被害軽減をサポートする" 「プリクラッシュセーフティシステム」
レーザーレーダーと単眼カメラを用いて前の衝突の危険がある場合、
まずドライバーにブザーとディスプレイ表示で警告。
ドライバーがブレーキを踏んだ際は、強力にアシスト(約40km/h減速) 仮にブレーキを踏めなかった場合でも、自動ブレーキにより約30km/hの減速 を行う装備です。
2つ目 の安全装備は、 "車線逸脱の危険をドライバーにお知らせ" 「レーンディパチャーアラート」 カメラによって道路上の白線を認識し、ドライバーがウィンカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性 がある場合、ブザーとディスプレイ表示により注意する装備です。
3つ目 の安全装備は、 "歩行者の早期発見に貢献" 「オートマチックハイビーム」
カメラによって先行車や対向車ライトを検知し、ハイビームとロービームを自動的に切り替え、
ドライバーの前方視界確保をアシスト。 歩行者の早期発見や、切り替え忘れを防ぎ、手動操作の煩わしさも軽減出来る装備です。 以上の安全装備が、パッケージ化 されているんです! ショールームでは、「トヨタ セーフティセンスC」をもっとわかりやすく 知っていただく為の、展示 も行っています