Come back!! RX!!!

 レクサスゾーン展示車入替のお知らせです♪♪
大型連休も終わり、気分も一転
 皆さまいかがお過ごしでしょうか
 季節は春らしい暖かな日が続き、
 ショールームでも半袖姿のお客様を 多くお見かけします
 そして、この度レクサスゾーンの展示車を入替いたしました
 それでは新しい車両をご紹介します
 これまで展示していたHSカットモデルに代わり久しぶりの登場っ
RX350 です
展示車両は“RX350 Version S”
 エンジンはV型6気筒 3.5L に 6速AT
そしてボディカラーは レッドマイカクリスタルシャイン です
 白を基調としているこのショールームにとっても映えますよね
 ところで、RXを皆さまはご存知でしょうか
 以前もショールームで展示していましたので、見たことがあるーーっ!!
 という方もいらっしゃるのではないでしょうか
 ショールームでRX350を展示していたのは1年以上前ですので、
 私たちカレイドは、RXおかえりなさいという親のような気持ちです
 RXはこの350に加えて、270と450hのHV車の3タイプあります
 それぞれの違いは大きく分けて使用燃料と排気量、装備の違いです
 車のサイズはどれも同じなんですよ
 では、RX350をご紹介します
 まずは外観
 デザインはデザインフィロソフィであるL-finessに基づいて、
 ワイドトレッドを活かした 「力強さ」と「品格」を両立したスタイルです
 迫力ありますよね
 今までのレクサス車にはない新しいスタイルなんです
 この場ではサイドのみのご紹介とさせていただきます・・・
 フロント&バックスタイルが気になる方!!
 是非ショールームにいらしてくださいね
 次に室内にまいりましょう
 室内の特徴はなんと言っても、RXから採用されたリモートタッチです!
 HS250h、CT200hにも採用されているこのリモートタッチ
 シフトの下の方にご注目ください
 HSやCTよりも早くこのRXに採用されていたのはご存知でしょうか?
 操作方法は簡単
 センターコンソールに付いている操作キーを
 パソコンのマウスの様な 感覚で操作していくだけ
 センターコンソールに手を置いたまま操作出来、
 さらに画面内のボタンの 感触が手に直に伝わってくる
 仕組みになっているんです
 これは本当にすごいんです 少し不思議な感じがしますが。
 ナビゲーションの操作は全て遠隔操作です
 そしてナビゲーション画面は視線とほぼ同じ高さに設定されているため、
 運転中の操作は視線移動が少なく行えます
 外観の精悍さ、室内の高級感や便利な装備類に加え、
 乗り心地も抜群なRX
 RXの言葉の由来のひとつに、 「クロスオーバー=セダンとSUVの特徴を
 併せ持つ車」 という意味があります
 外観はSUVの力強さを感じ、乗りこむとセダンのような 上質な乗り心地
 皆さま気になりませんかこのクルマ
 こちらのショールームでは車を外からご覧頂くだけでなく、
 車に乗りこんで 色々と操作して頂くことが可能なんです
 リモートタッチを操作したことが無い方!
 RXがどんな車なのか知りたい方!!
 是非、 レクサスギャラリーミッドランドスクエア にいらして下さい
 今までに体験できなかったことが出来たり、
 知りたかった情報が得られる かもしれません
 そんなお客様のお手伝いを私たちカレイドにさせてください
 皆さまお気軽にお越し下さいね
 お待ちしています