NEW GS 遂にデビュー!!!

次世代レクサスの幕開けです☆
既にニュース等 でご存知の方もいらっしゃるかと思いますが・ ・・
昨日(1月26日 )、 新型GSが遂にデビュー致しました
当ショールームでは、東京モーターショー参考出品車
昨年から展示 しており、
ご来場頂く多くのお客様から大変多くのお問い合わせを頂いておりました
発売を心待ちにして下さっている方 や、
新型GSに関心を持って頂いている方 など、
多くの方の期待 に応えるべく、 進化した新型GS をご紹介します
いかがですか?
強い存在感を放つ レクサスのフロントフェイス です
次世代レクサス を象徴 するデザインとして、
「スピンドルグリル」 を採用しております
「スピンドルグリル」は、レクサスの独自性を継承した
逆台形のアッパーグリル 八の字に開いたロアグリル
融合して 生まれました!!!!!
強い存在感 を放っていますよね
一目でレクサス だと分かるアイデンティティ として、
今後のレクサス車にも 展開されていくようです
外観 だけでなく たくさんの魅力が詰まった 新型GS
進化した新型GS の魅力について、簡単にご紹介いたします
ゆとりを増した 室内空間では、
前席だけでなく後席においても開放感あふれる室内空 間 を
実現しています
シートはとても座り心地が良い ので遠回りして帰りたくなりそうです
ショールームにお越しいただき、一度座ってみてください
そしてトランクルームの広さも気になりますよね
新型GSのトランクルームはこちら
いかがですか?
ご覧の通り、新型GS
広くて使いやすいトランクスペースを確保しました
ガソリン車 ではトップクラスの566ℓ という大容量を実現
ハイブリッド車 は、なんと現行と比べると1.5倍の482ℓ を確保
実際にご覧頂いたお客様からは 「広くなったね~!!」
驚きの声を多く頂いております
開口幅も広くなり 、ゴルフバッグなど大きな荷物
スムーズ な積み下ろしが出来ますよ
そして、新型GS 走りに更に磨きをかけました
Grand Touring Sedan として、
“意のままにクルマを操る楽しさ” の実現にむけ、
レクサス専用新開発プラットフォーム
新開発サスペンション を採用しています。
また、F SPORT ではレクサス初
LDH(レクサス・ダイナミック・ハンドリング・システム) を搭載
LDHとは路面状況・車両速度・ステアリングの切れ角などの情報をもとに
前後輪のタイヤの切れ角を統合制御する装備 です
これにより、切れ味鋭いハンドリングと安定した車両姿勢を
実現 している為、 F SPORT ならではの
“意のままにクルマを操る喜びや楽しさ”
体感していただけます
まだまだお伝えしたい魅力 たくさんある のですが、
詳しくはショールームにて展示車をご確認 いただきながら
ご説明をさせていただきます
新型GS に関する詳しいお問い合わせは、
お気軽にレクサススタッフ までお尋ね下さいませ
皆様のご来場をお待ちいたしております