トヨタゾーン展示車両入替のお知らせ

皆様、こんにちは!

本日はトヨタゾーン車両入替のお知らせです。

当ショールームでは現在、6月8日に発表されたRAV4 PHVと、

17日に発表された新型ハリアーを展示しています!


そこで今回は2台の魅力について簡単にご紹介いたします♪

まずは、RAV4 PHVからご紹介します。

トヨタ初のプラグインハイブリッドSUVとして誕生した、RAV4 PHV。

プラグインハイブリッドとは、電気とガソリンを使って走る車です。

RAV4最上級のスポーツ仕様として創り上げた、

先進的で洗練されたスタイル。

フロントは、PHV専用のメッシュグリルとダーククロームメッキモールで

スポーティさと上質感を表現しています。


サイドは、ホイールアーチモールからロッカーモールにかけて

艶感のあるブラックを採用し、より力強いスタイルを表現しています。

バックドアガーニッシュに金属調加飾を施し、PHV専用デザインを強調しています。

ラゲージスペースには、RAV4同様に9.5インチのゴルフバッグを4個を積載可能です。


インテリアは、天井やピラーなどの内装をブラックで統一。

さらにレッドステッチや先進機能の採用で、スポーティで洗練された空間となっています。

続いて、走りについてご紹介します。

今回のRAV4 PHVでは、新開発のプラグインハイブリッドシステムを採用しました。

その結果、電気の力だけで走ることができるEV走行距離は、なんと95km以上。

強くなめらかなEV走行が、より長距離でお楽しみいただけます。


続いて、新型ハリアーについてご紹介します。

安定感・先進感あふれるフロントビュー。

ロアグリルまわりの力強いデザインで、踏ん張り感を演出しています。

さらに、薄型のヘッドランプとメッキガーニッシュにより、シャープな目元を表現。

また、ヘッドランプと一体感を持たせたアクリルグリルを採用することで、

上質感のある見栄えを表現しました。

スピード感ある造形と躍動感が魅力のサイドビュー。

リヤは、洗練感としっかり構えたスタンスで新世代ハリアーを象徴しています。

インテリアは、大人の感性に訴える上質な空間を追求。

トヨタ初となる調光パノラマルーフは、

調光機能によりシェードが開いている状態での調光・透過を

瞬時に切り替えることが可能です。


以上、RAV4 PHV、新型ハリアーについてご紹介いたしました!